FC2ブログ
インテリアカワイタケシ施工事例
インテリアカワイタケシの日々の作業を記録しています。
202006<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202008
カーペットタイルの貼り方
カーペットタイル1
カーペットタイルを貼ります。
まず、きれいに掃除をして、お部屋の床に中心線を十字に引きます。

カーペットタイル2
中心線(カーペットタイルをまっすぐ貼るための基準線)に沿って
接着剤を塗っていきます。
接着剤は、専用のもので接着力が弱く
接着というよりすべり止めという意味合いが大きいです。

カーペットタイル3
一筆書きのように糊ハケを使用し、接着剤を移動していくように
塗っていきます。
すべり止め用なので、接着は、期待しません。
したがって、端部まで丁寧に塗る必要もありません。

カーペットタイル4
こんな感じで接着剤を塗布していきます。

カーペットタイル6
接着剤が塗れたら、まずは基準線に沿って
カーペットタイルを十字に貼っていきます。

カーペットタイル7
次に、放射状にカーペットタイルを置いていきます。
カーペットタイル同士が隙間なく
かつ無理な力がカーペットタイルにかからないように注意します。

カーペットタイル8
端部は、写真のような専用工具を使用するときもあります。

カーペットタイル9
こんな感じに、簡単にカットできます。

カーペットタイル10
通常は、このようにいったん反対にカーペットタイルを置き

カーペットタイル11
壁ぎわに当てて上に重ねたカーペットタイルを定規がわりにして
下側のカーペットタイルをカットします。

カーペットタイル12
カットした下側のカーペットタイルを取り除き、

カーペットタイル13
残りのカーペットタイルの位置を入れ替えます。

カーペットタイル14
こうすると、精度よく壁ぎわのカーペットタイルをカットしていけます。

カーペットタイル15
こうして、接着剤を塗布した部分を貼ってしまいます。
残りの部分も同じように繰り返します。

カーペットタイル16
完成。




クリックをお願い致します。m(_ _)m
にほんブログ村 住まいブログ 内装・クロス・床へにほんブログ村 インテリアブログ 模様替えへ
にほんブログ村  にほんブログ村
スポンサーサイト



ソフト巾木の貼り方
ソフト巾木1
ソフト巾木を貼ります。
必要なものは、接着剤・接着剤を塗るヘラ
皮鋤(かわすき)・カッターナイフ・ローラー です。
他にバーナーも使用します。

ソフト巾木2
まず、接着剤を塗っていきます。巾木側ではなく、壁側に専用の糊ベラで塗ります。
ホームセンターなどに、売っています。
接着剤は、専用のアクリルエマルション系の水性接着剤です。

ソフト巾木3
接着剤が塗れたら、ソフト巾木を貼っていきます。
入隅、出隅などでソフト巾木を折り曲げる場合には、バーナーで加熱します。
加熱すると、軟化して形をつけることができます。
加熱しすぎると溶けたり、焦げたりしますので、慎重に作業します。
特に、床材がカーペットタイルやじゅうたんの場合は、
パイルが簡単に溶けてしまうので、養生などが必要です。

ソフト巾木4
バーナーで軟化させたあと、速やかに皮鋤で入隅を押さえます。
温度が下がると、形がついておちつくので、そのまま少し待ちます。

ソフト巾木5
おちついたら、周囲をローラーで圧着します。
ローラーで圧着しないと、接着不良になり、ソフト巾木が縮んでしまいます。

ソフト巾木6
仕上がりは、こんな感じ。

ソフト巾木7
出隅も同じように、バーナーで加熱して、形をつけます。

ソフト巾木8
加熱後にややソフト巾木を引っ張りながら出隅部分に当てます。
出隅は、温度が下がるまで、写真のように手で押さえます。

ソフト巾木9
やはり、必ずローラーで圧着します。

ソフト巾木10
仕上がりは、こんな感じ。

ソフト巾木11
巾木を枠に沿ってカットしますが、
バーナーに慣れたら、写真のように加熱してカットすると
軟化しているため、簡単に正確にカットできます。

ソフト巾木12
柔らかいため、フリーハンドでOK!!

ソフト巾木13
やはり、必ずローラーで圧着します。

ソフト巾木14
仕上がりは、こんな感じ。

クッションフロアの貼り方
クッションフロア1
マンションの水まわりのクッションフロアを貼り替えます。
ここは、キッチンですね。

クッションフロア2
今日は、キッチンと脱衣室、トイレのクッションフロアを貼り替えます。

クッションフロア3
広い場所があるなら、梱包を解いてクッションフロアを仮敷します。
カールの形がとれて、敷きやすくなります。

クッションフロア4
キッチンのクッションフロアをめくります。
実は、クッションフロアに限らず、インテリアの床材は、
基本的に既設の床材をめくらずに重ね貼りします。
なぜなら、歩行に耐えるために強固に締結してあるため
めくるときに、床材の下地の土台そのものを傷める可能性があるからです。
しかし、フロアレベルを変更できないときや、既設の床材が凸凹している場合
めくる必要があります。
今回のキッチンは、既設の柄がタイル柄で目地が凹んでいるので
めくることにしました。

クッションフロア5
結構簡単にめくれましたね。
最近の(平成14年以降)クッションフロアは、
めくることができるように積層構造になっています。
よかったですね。
平成元年以前のクッションフロアは、めくってはなりません。
裏打ちにアスベストを含有しているからです。
少しめくってみて、グレー色で、ダンボール紙をぬらしたような感じだったら
アスベストを含有していますので、めくるのをやめましょう。

クッションフロア6
今回は、簡単にめくれましたが
なかなかめくれない場合は、焦らず、写真のようにカッターで短冊状にして
少しずつめくります。

クッションフロア7
めくったら、仮敷きして、形をとるのですが、
今回は、いきなり掃除して接着剤を塗ります。
接着剤に付属している糊ベラで塗布します。
ヘラには,JISで決められたギザギザがあって誰でも規定の塗布量を塗ることができます。
賢いですね。

クッションフロア8
一筆書きのようによどみなく、まんべんなく、丁寧に塗布します。

クッションフロア9
接着剤は、大量にだすのではなく、少しずつ、最後に余らないように出します。

クッションフロア10
とは、言っても、少し接着剤が余ります。
余った接着剤は、戻さずに捨てます。
もったいないからと、接着剤の容器に戻すと
容器に菌が入り、容器内の接着剤が腐ってしまいます。

クッションフロア11
今回は、キッチンの設置の精度が、よかったので
クッションフロアの端部を突き合わせて位置決めします。
クッションフロアの端部を出すようにロールして、壁に当たらないように
やや強引に折り曲げ、キッチンの端部近くにそっと置きます。
そのあと、端部同士がくっつくようにクッションフロアーをキッチン側に
押し当てます。
端部を手でなぞり、お互いに隙間なく、くっついていることが確認できたら
クッションフロアーをゆっくり拡げます。

クッションフロア12

クッションフロア13
拡げたら、エア抜きの道具で、まんべんなく撫でてエアを抜き、圧着します。
ちなみに私のエア抜きの道具は、クロス用のブラシです。

クッションフロア14
エアが抜けたら、壁の周囲を荒切りします。

クッションフロア15
その後、壁際をカットするのですが、
そのときに専用工具を使用します。あると便利です。
ない場合は、定規をあてて、カッターでカットします。

クッションフロア17
カットしたあとは、
必ず、写真のようにかわすき(皮鋤)などで端部を圧着します。

クッションフロア18
入隅や、枠まわりなど細かいところは、皮鋤や、定規を当ててカットします。

クッションフロア19
キッチンが、完成です。

クッションフロア20
次は、脱衣室です。
ここもめくりました。
床下点検口があるので、取手と外枠をはずします。

クッションフロア22
床下点検口のフタを外し、接着剤を塗って、クッションフロアを敷きました。
点検口の穴に沿って四角くカットします。

クッションフロア23
床下点検口の穴をカットしたら、そこに外枠を載せて固定します。
次にフタを載せ、フタにも接着剤を塗り、先ほどカットした穴の部分の
クッションフロアをフタに貼ります。
枠に沿って定規をガイドにしてカットします。

クッションフロア24
脱衣室も完成しました。

クッションフロア25
トイレは、重ね貼りします。
既設のクッションフロアの上に接着剤を塗ります。

クッションフロア26
便器のまわりは、曲線なので細かくカッターで切れ目を入れ、
クッションフロアに無理がかからないようにして
裁断していきます。

トイレは、完成写真がありません。 ごめんなさい。m(_ _)m
壁のクロスのめくり方
クロスのめくり方1
壁のクロスをめくります。
カッターナイフや写真のようなヘラを
クロスの下に差込み、浮き上がらせます。
クロスのめくりかた2
浮き上がったクロスを手でつかみ
ひっぱってめくります。
基本は、写真のように下から上へ
クロスのめくり方3
白い紙が残りますが
それも浮いていたら、はがします。
クロスのめくり方4
このようにひび割れたところの近くは
下の白い紙が浮いていることが多いので
念入りにめくります。
ただし、あくまでも浮いている紙だけ。
クロスのめくり方5
めくっていくと、大抵このように、まだらにめくれてしまいます。
白い紙が浮いていてめくった場所は、へこんでいるので
パテ処理等を施して、平滑に仕上げてからクロスを貼ります。

テーマ:Do It Yourself - ジャンル:趣味・実用

copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.